ガジュマルの木

第2回個展が近づいて来た。

準備はどんどん進んでいる。

第1回目の個展の時、卓也の体調も、まだ今よりは不安定で、自分の作品を個展として発表することに、強い緊張感があったように思う。

私も個展の準備を進めながら、この個展が卓也自身にどのような影響を与えるのか、楽しみでもあり、体調を心配もしていた。

当日は沢山の人が来てくれて、卓也もとても嬉しそうだった。

この日が卓也の1つのターニングポイントとなったと思う。

お世話になっている数々の医療関係の方々と、沢山の友達。

そして、今度動画を撮ってくれる五味監督と、劇団GIGAの演出家である山田恵理香さんが見に来てくれて、ガジュマルの木をくれた。

ガジュマルの木は、幸せを運ぶという。

すくすく育ってくれている。

あれから4ヶ月経って、卓也はさらに作品を書き溜めた。

今度の個展期間は1ヶ月。

新しい幻聴アートの側面を見れるのが楽しみだ。

ぜひ、足を運んでくださいね。

個展の詳細はこちらから↓

下坂卓也
画家として活動する TakuyaShimosakaのホームページです。 詳しくは、プロフィールをご覧ください。

感想や質問、絵画のお仕事依頼など、どしどし受け付けております。
お問い合わせはこちらから🎵

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へにほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
この記事を書いた人
猛者真澄

1982生まれ。
19歳の頃より空間再生事業劇団GIGAに所属。
役者、舞台美術、演出、脚本、作曲、そのほかにも、バンド活動や、アート活動などなど、舞台に関する様々な芸術活動に携わる。
同時に占い師としても活動。

この度、弟の幻聴アートを「おもろい!」と感じ、マネージメントを始める。

下坂卓也をフォローする
真澄の雑記帳
記事が気に入ったらシェアして下さいね🎵
下坂卓也をフォローする
下坂姉弟:下坂卓也&猛者真澄のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました